イーサネットには、Windows10で有効なIP構成がありません[完全な修正]

  • IPは、PCが接続しようとしているネットワーク内で自分自身を識別するのに役立ちます。
  • 以下のガイドは、イーサネットのIP問題を修正する方法を示しています。
  • このような問題の詳細については、専用のIPエラーページをご覧ください。
  • より一般的なトラブルシューティングガイドについては、Windows10のエラーページも確認してください。
イーサネットの解決には、Windows10で有効なIP構成がありません

以前にイーサネットに有効なIP構成がないというネットワークの問題が発生した場合は、ネットワークインターフェイスカードに問題があります。

NICは、イーサネットケーブルを介してルーターまたはモデムに接続されています。有効なIPアドレスを取得できない場合に問題が発生します。

コンピューターがルーターと通信してWebで動作するには、有効なIPアドレスが必要です。特定のルーターまたはNICに障害が発生した場合、またはIPアドレスの指定が正しくない場合は、エラーが発生します。

次のソリューションは、IPアドレスの構成に関連するさまざまな問題の修正を提供します。次の手順を正確な順序で実行することを忘れないでください。

イーサネットに有効なIP構成がない場合はどうすればよいですか?

このエラーが発生するのは次のとおりです。

  • イーサネットに有効なIP構成がありませんTPLink、Netgear
    • この問題は、ほぼすべてのタイプのネットワークハードウェアに影響を与える可能性があり、多くのユーザーがTPLinkおよびNetgearデバイスの使用中にこの問題を報告しました。
  • イーサネットに有効なIP構成がありません電力線
    • 電力線はネットワークを設定する最も簡単な方法ですが、電力線アダプタを使用する多くのユーザーがこの問題を経験しました
  • イーサネットに有効なIP構成ルーターがありません
    • ほとんどの場合、この種の問題は、ルーターが適切に構成されていない場合に発生する可能性があります。
    • これを修正するには、ルーターの構成にいくつかの調整を加える必要がある場合があります。
  • イーサネットに有効なIPクエリがありません
    • これはこのエラーメッセージの単なるバリエーションであり、ほとんどの場合、同じ解決策を適用することで修正できます。
  • イーサネットに有効なIP構成がありません未確認のネットワーク
    • このエラーには、不明なネットワークメッセージが含まれる場合があります。
    • これはこのエラーのバリエーションであり、標準ソリューションを使用して修正できます。
  • イーサネットに有効な接続がありません
    • このタイプのエラーは通常、ネットワーク接続に問題があることを示しています。
    • これを修正するには、構成を少し調整する必要があります。
  • イーサネットに有効な設定がありません
    • このメッセージは、ネットワーク構成に不整合がある場合に表示されることがあります。
    • 幸いなことに、問題を修正するには、いくつかの小さな調整を加える必要があります。
  • イーサネットに有効なIPアドレスがありません
    • これは、一部のPCで発生する可能性があるこのエラーの別のバリエーションです。
    • このエラーが表示された場合は、通常、解決する必要のあるIPアドレスの競合があります。
  • イーサネットが機能しない
    • 深刻なケースでは、イーサネット接続がまったく機能しないことがあります。
    • ユーザーは、PCでWi-Fiは使用できるが、イーサネット接続は使用できないと報告しました。
  • イーサネットはラップトップでは機能しません
    • 他の多くのエラーと同様に、これはデスクトップPCとラップトップの両方に影響を与える可能性があります。
    • 多くのラップトップユーザーは、Wi-Fiが問題なく機能している間、イーサネットがまったく機能していないと報告しました。
  • イーサネットにはIP構成がありません
    • まれに、IP構成が完全に欠落している場合があります。
    • これは大きな問題ではありませんが、IPアドレスを手動で構成する必要があります。
  • イーサネットがインターネットに接続しない
    • 発生する可能性のある別のタイプの問題は、イーサネット接続を使用してインターネットに接続できないことです。
    • ただし、ユーザーからは、代わりにワイヤレス接続を使用してインターネットに接続できるとの報告がありました。

1.システムを再起動します

イーサネットに有効なIP構成エラーがない場合、高速起動機能が原因である可能性があります。このエラーを修正するには、次の手順に従って高速スタートアップを無効にする必要があります。

  1. Windowsキー+ Sを押して、コントロールパネルに入ります。次に、結果のリストから[コントロールパネル]を選択します。

    イーサネットに有効なIP構成がありませんTPLink

  2. コントロールパネルから電源オプションを選択します。

    イーサネットに有効なIP構成がありませんTPNetgear

  3. 左側のペインで、[電源ボタンの機能を選択してください]をクリックします

    イーサネットに有効なIP構成がありません電力線

  4. [現在利用できない設定の変更]を選択します

    イーサネットに有効なIP構成ルーターがありません

  5. ウィンドウの下部にある[高速起動をオンにする(推奨)]の横のチェックボックスをオフにして、[高速起動]をオフにします。
  6. [変更を保存]を選択します

    イーサネットに有効なIPクエリがありません

  7. コンピュータを再起動します。

コントロールパネルはWindows10で開きませんか?これを解決するためのいくつかの解決策があります。これらの手順を実行しても高速起動を無効にできない場合は、この完全なガイドを使用して問題の原因を突き止めることをお勧めします。


2.ネットワークアダプタの設定を確認します

ルーターは、IPアドレスを自動的に指定するように機能します。これはデフォルト設定ですが、特定のIPアドレスを割り当てることもできます。

その場合、最初にIPアドレスを自動に設定し、接続したらインターネットのプロパティで正しい設定を確認する必要があります。以下の手順に従ってください。

  1. ホールドWindowsキーを押してRを
  2. 入力ncpa.cplと入力入力フィールドに、クリックOK

    イーサネットに有効なIP構成がありません未確認のネットワーク

  3. [ネットワーク接続]ウィンドウでネットワークアダプタを右クリックし、[プロパティ]を選択します。

    イーサネットに有効な接続がありません

  4. イーサネットのプロパティ]ウィンドウで、選択しインターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)をしてをクリックしてくださいプロパティ

    イーサネットに有効な設定がありません

  5. 次に、[インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)のプロパティ]ウィンドウが表示されます。次のオプションを有効にします。
  • IPアドレスを自動的に取得する
  • DNSサーバーアドレスを自動的に取得する

IPアドレスとDNSを自動的に取得しても問題が解決しない場合は、IPアドレスとDNSの両方を手動で設定することを検討してください。これを行うには、次の手順に従います。

  1. 接続プロパティを開き、[インターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4) ]を選択して、[プロパティ]をクリックします
  2. 次に、[次のIPアドレス使用する]と[次のDNSサーバーアドレス使用する]を選択します。以下のスクリーンショットのようにデータを入力します。完了したら、[ OK ]をクリックして変更を保存します。デフォルトゲートウェイサブネットマスクなどの必要な情報を確認するには、ネットワークに正常に接続できる他のデバイスの接続プロパティを確認するだけです。

    イーサネットに有効なIPアドレスがありません

ソリューションでは、DNSをGoogleのDNSに変更したことに注意してください。ユーザーによると、IPアドレスとDNSの両方を変更する必要はありませんが、IPアドレスを手動で設定しても問題が解決しない場合は、DNSも変更してください。


IPアドレスの変更は悪夢ですか?この完全なガイドで問題に光を当てましょう。


3.ルーターを再起動し、イーサネットケーブルを確認します

上記の手順を実行した後、ルーターまたはモデムの電源を切り、5分後に電源を入れ直します。次に、PCに有効なIP構成があるかどうかを確認します。

それでも機能しない場合は、別のイーサネットケーブルを使用してルーターをPCに接続します。

それ以外の場合は、別のルーターを使用する必要があります。他のルーターに接続しても問題が解決しない場合は、ネットワークカードに問題があります。

ネットワークカードを工場出荷時に復元し、問題が解決しない場合は交換します。


4.ネットワークアダプタを再インストールします

上記の手順を完了したら、ネットワークアダプタをアンインストールして再インストールする必要があります。方法は次のとおりです。

  1. ホールドWindowsキーを押してRを
  2. 入力hdwwiz.cpl入力フィールドに、クリックOK

    イーサネットが機能しない

  3. 展開ネットワークアダプタイーサネットカード上で、右クリックして、選択しアンインストールデバイスを

    イーサネットはラップトップでは機能しません

  4. 確認ダイアログが表示されたら、[アンインストール]をクリックします。

    イーサネットにはIP構成がありません

  5. ハードウェアに付属のドライバーを使用して、ネットワークアダプターを再インストールします。

イーサネットカードを再インストールしても問題が解決しない場合は、製造元のポータルから最新バージョンのドライバを使用してネットワークインターフェイスカードを再インストールする必要があります。


Windowsがネットワークアダプタのドライバを見つけることができませんか?問題を解決するために私たちを頼りにしてください。


5.コマンドプロンプトを使用する

イーサネットに有効なIP構成エラーメッセージがないためにインターネットにアクセスできない場合 は、コマンドプロンプトを使用して問題を解決できる可能性があります。

ユーザーによると、この問題はいくつかのコマンドを実行するだけで解決できるとのことです。これを行うには、次の手順に従います。

  1. Windowsキー+ Xを押して、メニューからコマンドプロンプト(管理者)を選択します。場合は、コマンドプロンプトが使用できない、使用して自由に感じるのPowerShell (管理者)の代わりに。

    イーサネットがインターネットに接続しない

  2. コマンドプロンプトが開いたら、次のコマンドを入力します。
    • netshwinsockリセット
    • netsh intIPリセット

これらのコマンドを実行した後、変更を適用するには、PCを再起動する必要があります。PCが再起動すると、問題は解決され、問題なくインターネットにアクセスできるようになります。

管理者としてコマンドプロンプトにアクセスしてコマンドを実行できない場合は、ステップバイステップガイドを参照して解決策を見つけてください。


多くのネットワークの問題は、マルウェア、さまざまなスクリプト、ボットが原因で発生します。VPN市場のリーダーであるNordVPNインストールすることで 、自分自身を守ることができます。ブラウジング中の攻撃からPCを保護し、IPアドレスをマスクし、すべての不要なアクセスをブロックします。


6.IPv6を無効にします

何人かのユーザーは、IPv6を無効にするだけで問題を修正したと報告しました。彼らによると、彼らのIPSはIPv6をサポートしていなかったため、IPv6を無効にしました。

あなたが持っている場合は 、イーサネットが有効なIP構成を持っていないエラーを、次の手順でIPv6を無効にする必要があります。

  1. オープンネットワークと共有センター。システムトレイのネットワークアイコンを右クリックし、メニューから[ネットワークと共有センター開く]を選択すると、これをすばやく行うことができます。

    イーサネットに有効なIP構成がありませんTPLink

  2. ネットワークと共有センターが開いたら、左側のペインで[アダプター設定の変更]をクリックします

    イーサネットに有効なIP構成がありませんNetgear

  3. ネットワーク接続を見つけて右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択します。

  4. インターネットプロトコルバージョン6(TCP / IPv6)を見つけて、チェックを外します。[ OK]をクリックして変更を保存します。

    イーサネットに有効なIP構成がありません電力線

その後、IPv6を無効にする必要があります。これで、PCを再起動して、問題が解決したかどうかを確認する必要があります。

何人かのユーザーは、レジストリエディタを使用してIPv6を無効にすることを推奨しています。これを行うには、次の手順に従う必要があります。

  1. Windowsキー+ Rを押して、regeditと入力しますEnterキーを押すか、[ OK ]をクリックします。

    イーサネットに有効なIP構成ルーターがありません

  2. レジストリエディタが開いたら、左側のペインでHKEY_LOCAL_MACHINE \ SYSTEM \ CurrentControlSet \ Services \ TcpIP6 \ Parametersに移動します。右ペインの空のスペースを右クリックして、「新規」>「DWORD(32ビット)値」を選択します。新しいDWORDの名前としてDisabledComponentsを入力します

    イーサネットに有効なIPクエリがありません

  3. DisabledComponentsをダブルクリックして、そのプロパティを開きます。値データffffffffに設定し、[ OK ]をクリックして変更を保存します。

    イーサネットに有効なIP構成がありません未確認のネットワーク

その後、PCでIPv6を完全に無効にする必要があります。これで、変更を適用するためにPCを再起動する必要があります。IPv6を有効にする場合は、レジストリからDisabledComponentsDWORDを削除するだけです。

レジストリの変更に不安がある場合は、MicrosoftがIPv6を無効にできるツールを開発しました。[IPv6を無効にする]ツールをダウンロードして、画面の指示に従ってください。

IPv6を再度有効にする場合は、このツールをダウンロードして使用するだけです。

IPv6はWindowsのコアコンポーネントであり、IPv6を無効にすると、特定の問題が発生する可能性があることに注意してください。さらにネットワークの問題が発生した場合は、IPv6を再度有効にする必要があります。

Windows 10でレジストリエディターにアクセスする際に問題が発生した場合は、このガイドを参照してください。