修正:WindowsUpdateコンポーネントを修復する必要があります

ウインドウズ10

Windows Updateは、Microsoft WindowsOSの重要なコンポーネントです。OSの更新プロセスに関係するすべてを管理するため、OSを良好な状態に保つ必要があります。

残念ながら、それは結局のところソフトウェアコンポーネントであるため、時折エラーが発生する傾向があります。

これは、一部のユーザーが受信したと報告しているエラーメッセージの場合です。エラーメッセージには次のように記載されています。

WindowsUpdateコンポーネントを修復する必要があります。1つ以上のWindowsUpdateコンポーネントが正しく構成されていません。

幸い、この問題を解決するために試すことができることがいくつかあります。Windows Updateを最高の状態で動作させることが重要であるため、試す必要のあるすべてのソリューションのリストを作成することにしました。

Windows Updateコンポーネントを修復するにはどうすればよいですか?

1.PCがクリーンブート状態のときにWindowsUpdateトラブルシューティングを実行します

  1. これには、最初にPCをクリーンブート状態で起動する必要があります
  2. スタートを押す
  3. MSConfigと入力します
  4. Enterキーを押します
    • システム構成ユーティリティは今開きます
  5. [全般]タブに移動します
  6. 選択的スタートアップを選択
  7. [スタートアップアイテム読み込む]の横のチェックボックスをオフにします
  8. [システムサービスのロード]と[元のブート構成使用する]の横にあるチェックボックスをオンにしますMSConfig
  9. [サービス]タブに移動します
  10. [すべてのMicrosoftサービス非表示にする]の横のチェックボックスをオンにします
  11. [すべて無効にする]をクリックします
  12. [適用]、[ OK]の順にクリックします
  13. PCを再起動します
  14. MicrosoftからWindowsUpdateのトラブルシューティングをダウンロードする
  15. クリーンブート状態で実行します

2.システムファイルチェッカーを実行します

  1. スタートを押す
  2. cmdと入力します
  3. コマンドプロンプトアイコンを右クリックし、[管理者として実行]を選択します
  4. 次の行を入力します。
    • sfc / scannowSFC
  5. スキャンを実行してから、PCを再起動します

3. DISMを使用して、破損したファイルを修復します

DISMツールは、さまざまな状況で使用できます。幸い、これには、破損した、または不完全なWindowsUpdateコンポーネントの修復が含まれます。dism

DISMの使用方法の詳細については、この完全なガイドを確認してください。

4. WindowsUpdateコンポーネントをデフォルト設定に復元します

  1. 管理者権限でコマンドプロンプトを開き、次の行を入力します
    • それらのすべての後にEnterキー押すことを忘れないでください
  2. これらの行は、BITSサービスとWindowsUpdateサービスを停止します
    • ネットストップビット
    • ネットストップwuauserv
  3. この行は、qmgr * .datファイルを削除します。
    • Del“%ALLUSERSPROFILE%Application DataMicrosoftNetworkDownloaderqmgr * .dat”
  4. 次のステップは、それ以前のステップで問題を解決できなかった場合にのみ試行する必要があります。
  5. 次のフォルダの名前* .BAKに変更します
    • Ren%systemroot%SoftwareDistributionDataStore * .bak

      Ren%systemroot%SoftwareDistributionDownload * .bak

      Ren%systemroot%system32catroot2 * .bak

  6. これらの行は、BITSサービスWindowsUpdateサービスリセットします
    • sc.exe sdsetビットD:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)
    • sc.exe sdset wuauserv D:(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; SY)(A ;; CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO ;;; BA)(A ;; CCLCSWLOCRRC ;;; AU)(A ;; CCLCSWRPWPDTLOCRRC ;;; PU)
  7. 次に、このコマンドを入力してEnterキーを押します。
    • cd / d%windir%system32
  8. 次の行で、BITSファイルWindowsUpdateファイルが再登録されます。それぞれの後にEnterを入力します。
    • PASSWORD32.exe atl.dll
    • PASSWORD32.exe urlmon.dll
    • PASSWORD32.exe mshtml.dll
    • ق32。exe shdocvw.dll
    • ق32。exebrowseui.dll
    • PASSWORD32.exe jscript.dll
    • PASSWORD32.exe vbscript.dll
    • PASSWORD32.exe scrrun.dll
    • プロピレン32.exe msxml.dll
    • PASSWORD32.exe msxml3.dll
    • PASSWORD32.exe msxml6.dll
    • ق32。exeactxprxy.dll
    • ق32。exesoftpub.dll
    • PASSWORD32.exe wintrust.dll
    • ق32。exe dssenh.dll
    • PASSWORD32.exe rsaenh.dll
    • ق32。exe gpkcsp.dll
    • ق32。exe sccbase.dll
    • ق32。exe slbcsp.dll
    • ق32。exe cryptdlg.dll
    • ق32。exe oleaut32.dll
    • PASSWORD32.exe ole32.dll
    • PASSWORD32.exe shell32.dll
    • PASSWORD32.exe initpki.dll
    • PASSWORD32.exe wuapi.dll
    • ق32。exe wuaueng.dll
    • PASSWORD32.exe wuaueng1.dll
    • ق32。exe wucltui.dll
    • ق32。exe wups.dll
    • ق32。exe wups2.dll
    • PASSWORD32.exe wuweb.dll
    • PASSWORD32.exe qmgr.dll
    • ق32。exe qmgrprxy.dll
    • PASSWORD32.exe wucltux.dll
    • ق32。exemuweb.dll
    • ق32。exe wuwebv.dll
  9. この次の行はWinsockをリセットします
    • netshwinsockリセット
  10. これで、BITSサービスWindowsUpdateサービス再起動できます
    • ネットスタートビット
    • ネットスタートwuauserv

これらの手順に従うことで、WindowsUpdateコンポーネントに関連するエラーを取り除く必要があります。

私たちのガイドは役に立ちましたか?以下のコメントセクションで、他にどのようなエラーが発生したかをお知らせください。

チェックアウトする必要のある関連記事:

  • 注意:偽のWindows Updateメールは、PCにランサムウェアを植え付けます
  • Windowsスタンドアロンアップデーターが動かなくなった場合の対処方法
  • 特定のWindowsUpdateがWindows10にインストールされているかどうかを確認する方法