Wi-Fiに有効なIP構成がありません[修正済み]

  • IP構成がないと、PCをWiFiネットワークに接続できません。
  • この問題は通常、ドライバーの問題が原因で発生しますが、考えられるすべての角度に取り組んでいます。
  • このようなその他のガイドについては、WiFiトラブルシューティングハブにアクセスしてください。
  • さらにサポートが必要な場合は、Windows10のエラーページから入手できます。
Wi-Fiを修正する方法に有効なIP構成がありません

Wi-Fiネットワークは、配線を処理したくない場合や、ラップトップを別の場所に移動したい場合に最適です。

Wi-Fiは非常に便利ですが、一部のWindows 10ユーザーは、Wi-Fiに遭遇したときに有効なIP構成エラーメッセージが表示されないと報告しました。

このエラーによりWi-Fiを使用できなくなるため、修正方法を見てみましょう。

Wi-Fiは有効なIP構成を持っていないメッセージは、インターネットにアクセスすることを防ぐことができます。このエラーにはいくつかのバリエーションがあり、同様の問題について言えば、最も一般的なものは次のとおりです。

  • 有効なIP構成がありませんWindows10 –ウイルス対策またはセキュリティ設定が原因で発生する可能性があります。ウイルス対策を無効にすることで問題を解決できるはずです。
  • Wi-Fiには有効なIP構成がありませんLenovo、HP、Windows 10 Toshiba、ASUS、Surface Pro 4、Dell – Cはほとんどすべてのデバイスに表示され、通常はドライバーが原因です。必ずドライバーを最新バージョンに更新してください。
  • Wi-Fiには、有効なIP構成の不明なネットワーク、インターネットアクセス、インターネットのセキュリティ保護がありません–これらはこのエラーのバリエーションですが、この記事のソリューションを使用してすべてを修正できます。

Wi-Fiに有効なIP構成がない場合はどうすればよいですか?

1.ワイヤレスアダプタドライバをアンインストールします

  1. Windowsキー+ Xを押して、[デバイスマネージャー]を選択します。

     デバイスマネージャーのDHCPがWi-Fiに対して有効になっていません

  2. ワイヤレスデバイスを見つけて右クリックし、[アンインストール]を選択します

    アンインストールドライバーWi-Fiに有効なIP構成メッセージがありません

  3. 可能な場合は、[このデバイスのドライバーソフトウェアを削除する]をオンにして、[ OK ]をクリックします。
  4. PCを再起動します。

注: Windows 10は、再起動後にデフォルトのワイヤレスドライバーを自動的にインストールします。デフォルトのドライバーが正常に機能する場合は、引き続き使用できますが、問題がある場合は、最新のドライバーをダウンロードしてインストールする必要があります。

ドライバーの更新は高度な手順であることに注意してください。注意しないと、間違ったバージョンのドライバをダウンロードすることでシステムに恒久的な損傷を与える可能性があるため、特に注意してください。

DriverFixを使用して、古いドライバーをすべてPCに自動的にダウンロードすることを強くお勧めします。このプロセスはほぼ完全に自動化されています。

まず、ツールをダウンロードしてインストールする必要があります。その後、DriverFixは自動的に起動し、システムで問題のあるドライバーのスキャンを実行します。

プロセスが終了すると、インストールに推奨されるドライバーの完全なリストが表示されます。

DriverFixはドライバーを自動的に更新します最後のステップは、レポートの上部にある[すべて更新]ボタンをクリックすることです。代わりに個々のドライバーをインストールする場合は、左側のチェックボックスと右側の[更新]ボタンをオンにする必要があります。

DriverFix

DriverFix

DriverFixは、適切なドライバーを記録的な速さで自動的にインストールすることにより、多くの時間と頭痛の種を節約します。無料トライアル ウェブサイトにアクセス

2. TCP / IPをリセットします

  1. cmdを検索し、[管理者として実行]をクリックしてコマンドプロンプトを開始します

  2. 次の行を入力します。
    • netsh winsock resetnetsh winsockresetコマンドプロンプトIP構成の失敗
    • netsh int ip resetnetsh int ip resetdhcpがwifiで有効になっていません
  3. コマンドプロンプトを閉じて、PCを再起動します。

注:静的IPアドレスを使用する場合は、再度設定する必要があることに注意してください。前のコマンドが機能しなかった場合は、次のコマンドも試してみてください。

  • ipconfig/release
  • ipconfig/flushdns
  • ipconfig/renew

CMDを使用して上記のコマンドを入力できない場合は、このトラブルシューティングガイドを確認して問題を解決する必要があります。


3.ウイルス対策ソフトウェアを削除します

ウイルス対策ソフトウェアまたはファイアウォールは、インターネット接続を妨害し、IP構成の失敗を引き起こす可能性があります。回避策として、ウイルス対策ソフトウェアまたはファイアウォールを一時的に削除することをお勧めします。

ユーザーは、アバストおよびAVGアンチウイルスがこの問題を引き起こす可能性があると報告し、問題のあるソフトウェアを削除した後、問題は解決しました。

ほとんどすべてのウイルス対策ソフトウェアがこの問題を引き起こす可能性があることに注意してください。そのため、サードパーティのウイルス対策ツールをすべて一時的に削除してください。

多くのウイルス対策ソフトウェアやその他のソフトウェアは、通常のアンインストールプロセスでは完全にアンインストールできず、システムを詰まらせたり、適切な再インストールを妨げたりする可能性のあるファイルを残すことがよくあります。

そのため、レジストリからでもアンチウイルスの痕跡を完全に排除するプロフェッショナルツールであるIObit UninstallerProの使用をお勧めします。

ウイルス対策ソフトウェアを削除すると問題が解決する場合は、続行して最新バージョンのウイルス対策ソフトウェアをインストールするか、別のウイルス対策ソフトウェアに切り替えることができます。

多くの便利な機能が付属しているBitdefenderAntivirusPlusに切り替えることをお勧めします。

それはあなたのコンピュータのプロセス活動を最適化します、それはあなたがあなたのPCを使用している間に現れるかもしれない多くの問題(このタイプのPCエラーを含む)からあなたを防ぐかもしれない非常に重要なことです。

このアンチウイルスを、WindowsPC向けの最も互換性があり用途の広いAVとして選択することを強くお勧めします。

Bitdefender Antivirus Plus

Bitdefender Antivirus Plus

Bitdefender Antivirus Plusはシステムに干渉しませんが、シームレスな結果でシステムを最適化します。無料トライアル 今すぐ入手

4.ワイヤレスSSIDとパスワードを変更します

パスワードの変更Wi-Fiに有効なIP構成メッセージがありません

モデムにアクセスし、ワイヤレスSSIDとパスワードを変更することで、Wi-Fiに有効なIP構成エラーがないことを修正できることが報告されました。

これを行うには、イーサネットケーブルを使用してPCをモデムに接続し、モデムにアクセスして、ワイヤレスSSIDとパスワードを変更する必要があります。

これを行う方法の詳細については、モデムのマニュアルを確認することを強くお勧めします。


多くのネットワークの問題は、マルウェア、さまざまなスクリプト、およびボットによって引き起こされます。VPN市場のリーダーであるPrivateInternet Accessをインストールすることで、自分自身を守ることができます。ブラウジング中の攻撃からPCを保護し、IPアドレスをマスクし、すべての不要なアクセスをブロックします。


5.チャネル幅を自動に設定します

  1. Windowsキー+ Xを押して、メニューから[ネットワーク接続]を選択します。

    ネットワーク接続IP構成の失敗

  2. ワイヤレス接続を右クリックして、メニューから[プロパティ]を選択します。ネットワークプロパティ設定ボタンWi-Fiに有効なIP設定メッセージがありません
  3. クリックして設定]ボタンをしてまで行く高度なタブ。
  4. バンド2.4の802.11nチャネル幅を見つけて、[自動]に設定します。
  5. [ OK]をクリックして変更を保存します。

使用するWi-Fiチャネルがわかりませんか?これらの驚くべきWi-Fiアナライザーを使用して、選択を支援します


6.IPアドレスを手動で設定します

  1. Windowsキー+ Xを押して、[ネットワーク接続]を選択します
  2. ワイヤレスネットワークを右クリックし、メニューから[プロパティ]を選択します。

    ネットワーク接続のプロパティWi-Fiに有効なIP構成メッセージがありません

  3. 選択しインターネットプロトコルバージョン4(TCP / IPv4)をクリックし、プロパティボタンをクリックします。

    TCP / IPv4プロパティIPアドレスの構成方法

  4. [次のIPアドレスを使用する]オプションを選択し、IPアドレスサブネットマスク、およびデフォルトゲートウェイを入力します(別のデータを入力する必要がある場合があります)。

    次のIPアドレスを使用してくださいIP構成の失敗

  5. 完了したら、[ OK ]ボタンをクリックします。

注: DNSサーバーを手動で入力する必要があります。GoogleのパブリックDNSを使用しましたが、優先DNSサーバーとして192.168.1.1を使用することもできます

編集者注:この記事は次のページに続きます。さらにガイドが必要ですか?専用のWindows10エラーハブにアクセスしてください